飛蚊(ひぶん)症とは? 現れたらスグに眼科医にかかる!

飛蚊症ひぶんしょう)」は、視界に黒い点や糸状の濁りのようなものが現れ、目を動かすとそれが一緒に動きます。まるで虫が視界を飛んでいるような症状であるところからこの名称が突いています。

今回は「飛蚊症」についてご紹介します。

「飛蚊症」はなぜ起こる?

人間の目は、瞳孔から入った光がレンズである「水晶体」を通し、スクリーンである「網膜」に像を結び、それを視神経が脳に伝えることで「見える」仕組みになっています。

眼球内には「硝子体(しょうしたい)」というゼリー状の物質が詰まっています。

成分のほとんどは水なのですが、これが何らかの原因で縮んでしわができたり、また小さな異物(後述)が混入して硝子体の中を浮遊することがあります。

このしわの部分で光が屈曲して網膜に影を落とす、また異物の影が網膜に落ちることで、視界に虫や糸くずがふわふわと浮いているように「見える」のです

硝子体自体に問題があるので、目を動かしてもその影は追随して動いて消えません。

飛蚊症が現れる原因は?

気を付けなければいけないのは飛蚊症はあくまでも症状であるという点です。

飛蚊症の症状が現れる原因には、主に以下のような理由が挙げられます。

●加齢による硝子体の変質(後部硝子体剥離)
硝子体は加齢によって少しずつ液体に変化し、しぼんできます。さらに加齢が進むと硝子体が網膜から剥がれ、網膜との間に隙間ができてきます。これが「後部硝子体剥離」という現象です。

後部硝子体剥離が起こると、硝子体の後ろ側の膜(後部硝子体膜)が網膜に写り、これが飛蚊症の原因になるのです。しかし、このケースは加齢によるものですから、程度の差こそあれ誰にでも起こります。

また、年を取ると硝子体が劣化しその組織が壊れることがあります。この組織のかけらのようなものが硝子体内で漂うようになると飛蚊症の症状が現れます。こちらも加齢が原因なので年を取ると誰にでも起こり得ます。

●網膜裂孔(もうまくれっこう)
何らかの原因で網膜に穴があいてしまう疾患です。このときの出血、また組織の一部などが硝子体内の異物となります。これらが網膜に影を落とすことで飛蚊症になります。網膜裂孔を放置すると網膜剥離に進行し、失明する可能性があります。

●網膜剥離(もうまくはくり)
何らかの原因で網膜の一部が眼底から剥がれてしまう疾患です。眼底とは眼球の内壁のことでここは網膜に覆われています。剥がれた箇所から網膜色素上皮細胞(目の壁の細胞)が硝子体に流れ込んで浮遊し、飛蚊症が現れるなどします。

また網膜剥離が起こると、視界に現れる黒いものが急増するなど飛蚊症の症状がひどくなります。この網膜剥離を放置すると最悪の場合は失明に至ります

●硝子体出血(しょうしたいしゅっけつ)
網膜の血管が断裂などして出血があると、血液が硝子体内に入り込むことがあります。これが「硝子体出血」です。硝子体出血が起こると、血液の影が網膜に写ることで飛蚊症が現れることがあります。

気を付けなければいけないのは、硝子体内に入り込んだ血液はやがて周辺の組織に吸収され、飛蚊症の症状自体は軽減されますが、出血の原因となった網膜の血管断裂などが治癒したわけではないという点です。

硝子体出血がなぜ起こったのか、その原因を突き止め、根本を治療しないといけないのです。

●ぶどう膜炎
ぶどう膜とは、虹彩・毛様体・脈絡膜の総称で、この三つの組織は実は一つにつながっています。何らかの原因でぶどう膜に慢性的な炎症が起こるのが「ぶどう膜炎」です。

ぶどう膜炎を発症すると、炎症によって硝子体内に濁りが生じたり、硝子体内に出血・組織の一部が入り込んだりして、これがかすみ目や飛蚊症を引き起こします。

このようなケースでは、ぶどう膜炎を完治することこそが大事になるのです。

他に、最も緊急を要するのは「感染症」が原因で飛蚊症が現れるケースです。例えば、

・目に物理的なひどい外傷を負ったので手術を受けた
 (たとえば目に物が刺さったなど)
・白内障・緑内障の手術を受けた

といった治療後に、目に真菌が感染し発症する場合です。

・目がかすむ
・眼痛がある
・急な飛蚊症

といった症状が現れ、放置すると失明の可能性があります。そのためできるだけ早く専門医にかかり、抗生物質の投与などの治療を受けなければなりません。

また、糖尿病による網膜の疾患としてメジャーなものに「糖尿病網膜症」がありますが、ある程度病状が進行すると飛蚊症が現れます。

糖尿病では、血管内の血糖値が慢性的に高くなり、血液の粘性が高まります。簡単にいえば血液がどろどろになるので、血流が悪くなり、毛細血管が詰まりやすくなるのです。

目は微細な毛細血管が縦横に走っているため、糖尿病の影響を受けやすいのです。どこかで血流がストップすると、酸素や栄養が行かなくなってそこの組織が死んでしまいます。

すると、血漿(けっしょう)成分が染み出したり、死んだ組織の一部が硝子体に入り込んだりして飛蚊症が現れることになるのです。

飛蚊症についてご紹介しましたが、「飛蚊症はあくまでも症状であって、何かの原因によって起こっている」という点を忘れないようにしてください。

網膜裂孔網膜剥離、また感染症といった重篤な疾患によるものかもしれないのです。

飛蚊症が急に現れた、といったときには「スグに」眼科医の診察を受けるようにしましょう!

現在では医療が進歩したため、かつてのように「網膜剥離 = 失明」といったことは少なくなっていますが、それでも「早期発見・早期治療」が重要なことは変わりません。

どうか自分の目を大事にしてください。

(高橋モータース@dcp)

コメント

タイトルとURLをコピーしました