「嗅覚がまひする」のはなぜ?

トイレに入った直後はひどい臭いだと思ったのに、時間がたつにつれてその臭いが気にならなくなる――といったことがありますね。レストランのおいしそうな香りも、入店して時間がたつとあまり感じなくなったりします。こうした現象を、「嗅覚がまひした」なんて表現しますね。なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

鼻にある嗅覚器官が大脳に信号を送ることでにおいを感じる

そもそも私たちがどうやって「におい」を感じているのかはご存じでしょうか。鼻の中には「嗅粘膜」という器官があります。嗅粘膜にはボーマン腺と呼ばれる嗅腺があり、ここから分泌された粘液ににおいの分子が触れると、嗅細胞がどんなにおいなのかの情報を読み取って電気信号に変換します。

電気信号は、嗅神経を経て大脳に送られます。大脳では、過去に経験したにおいの情報をまとめており、大脳皮質にある嗅覚野が送られた電気信号を過去のデータベースに照らし合わせ「これは何のにおいなのか」を判別します。

こうしたプロセスを経て、私たちは「におい」を感じることができるのです。

においを感じる器官がにおいに慣れちゃう?

においを体に伝える嗅覚器官は、同じにおいを嗅ぎ続けることでにおいに慣れ、あまり感じなくなってしまいます。この現象を「嗅覚順応」「においの順応」などと呼びます。ほかにも「嗅覚疲労」といった表現もされます。

嗅覚器官は他の器官よりも順応(疲労)しやすいという特徴があり、においが強いほど順応が起こりやすいといわれています。

嗅覚が順応(疲労)しやすい理由については、不快なにおいを嗅ぎ続けることによるストレスを軽減させるためや、別のにおいを嗅ぎ取るために感受性を下げているなど諸説あります。

嗅覚順応(疲労)が起こったとしても、嗅覚器官がにおいを感じ取れなくなっているのではありません。特定のにおいに対して順応しているだけなので、別のにおいは感じ取ることができるのです。

嗅覚順応はどうすれば回復する?

嗅覚順応(疲労)は、しばらくそのにおいから遠ざかることで回復します。よく「服のにおいを嗅ぐといい」などといわれますが、これは別のにおいを嗅ぐことで嗅覚器官の順応(疲労)を回復させられる可能性があるからです。ただこれは一時的なものなので、できれば嗅覚順応(疲労)を起こしている原因から遠ざかることが望ましいでしょう。

同じにおいを嗅ぎ続けることでにおいを感じなくなる「嗅覚順応(疲労)」についてご紹介しました。もし全くにおいが感じ取れない場合は、順応ではなく嗅覚障害を起こしている可能性があります。嗅覚障害の原因は鼻の病気や外傷などさまざま考えられますが、自分で治すことは難しいので、速やかに専門医の診察を受けるべきです。

(松田ステンレス@dcp)

コメント

タイトルとURLをコピーしました