「世界の薄毛地図」とは? 日本男性の薄毛率は?

本記事は一種の備忘録です。かつて『アデランス』が調査協力し、『トリップアドバイザー』で公開された「世界薄毛地図」という記事がありました。2008年のことです。すでに12年が経過していますが、残念なことにデータは更新されておりません。

しかし、これは非常に興味深いものでしたのでここに改めてご紹介しておきます。

薄毛の男性が多い国の1位はチェコ! 日本は……?

「世界のどの地域に薄毛の男性が多いのか」という素朴な疑問に答えるべく、旅行口コミサイト『トリップアドバイザー』が2008年「薄毛世界地図」という記事を公開しました。以下です。

これによると、世界の主要20カ国における「男性の薄毛率」が明らかになっており、男性の薄毛率の高い順に並べたランキングは以下のようになります。

●男性の薄毛率が高い国ランキング
1位 チェコ(プラハ)……42.79%
2位 スペイン(マドリード)……42.60%
3位 ドイツ(フランクフルト)……41.24%
4位 フランス(パリ)……39.24%
5位 イギリス(ロンドン)……39.23%
6位 アメリカ合衆国(ニューヨーク・シカゴ・ロサンゼルス)……39.04%
7位 イタリア(ミラノ)……39.01%
8位 ポーランド(ワルシャワ)……38.84%
9位 オランダ(アムステルダム)……37.93%
10位 カナダ(モントリオール)……37.42%
11位 ロシア(モスクワ)……33.29%
12位 オーストラリア(シドニー)……30.39%
13位 メキシコ(メキシコシティ)……28.28%
14位 日本(東京)……26.78%
15位 中国(香港)……24.68%
16位 シンガポール(シンガポール)……24.06%
17位 タイ(バンコク)……23.53%
18位 台湾(台北)……22.91%
19位 マレーシア(クアラルンプール)……22.76%
20位 韓国(ソウル)……22.41%
21位 中国(上海)……19.04%

調査国・地域の「平均薄毛率」32.13%
「推定薄毛人口」2億9,231万人

※資料提供:『アデランス』(調査期間:1998-2008年)
2組に分かれた4人の調査員が肉眼で通行人を観察し、これを各調査地点につき3カ所で行う。各地点での2組の結果より「薄毛率」を算出した。「推定薄毛人口」は、この方法で算出された「薄毛率」に、公表されている成人男性の人口を掛けた値。なお、「生え際の後退が明らかに始まっている、または頭頂部やつむじ周辺の毛量が明らかに減少していると肉眼で判定できる状態」を「薄毛」として測定を行っている。( )内は、その国で調査した都市。

20カ国の中で日本は14位! しかしそこにはある秘密が!?

この調査が行われた国の中で最も男性の薄毛率が高いのはチェコでした。気になる日本は14位で薄毛率は26.78%。成人男性のおよそ4人に1人は薄毛というわけです。

しかし、地域別に見ると少し興味深い事実が明らかになります。1位のチェコを筆頭に薄毛率が高いのは欧米で、アジアは低くなっています。欧米各国の次はオーストラリア(12位)ですが、オーストラリアは白色人種が多い国で(住民の80%以上はヨーロッパ系の白人とされています)、欧米に近いのではないかと推測できます。

その後は、メキシコ、日本と続いています。アジア・オセアニアの中では、白人が多いオーストラリアを除けば、なんと日本が最高位。日本は「アジアの中では薄毛が多い国」といえそうです。

残念ながらこの結果からすでに12年(2020年現在)が経過しています。現在はどうなっているのかぜひ調査を行っていただきたいものですが……。

⇒データ参照元・引用元:『トリップアドバイザー』「世界薄毛地図」
※URLはすでにリンク切れとなっていますので記載いたしません

(松田ステンレス@dcp)

コメント

タイトルとURLをコピーしました